転職の年齢制限フィルターを回避するには

転職の年齢制限は違法じゃないの?

転職の際に年齢制限があるのは違法かどうかというと、原則として制限をつけるのは禁止されていますから違法だといえます。

そのため、近年では年齢の条件が求人に掲載されなくなってきましたが、掲載されないからといって何歳でも採用をしてもらうことができるかは別の話となってきます。

今の時代は実力が最優先となっていますから、何歳であっても能力があれば転職はできないわけではありませんが、実際にはそこまで抜けた能力を持っているという人はそれほど多いものではありません。
能力が同じぐらいであれば企業側としても若い人を取りたくなりますから、転職市場で見て高齢というのは不利になってしまうものです。

また、表向きは何歳でも採用をするということになっていても内部規定によって、実質的に制限が課せられているということもありますから転職をするのであれば早いうちのほうが良いということになります。

年齢を条件にするのは違法であったとしても、現実的には守られていないというのが実情です。

転職は35歳までが限界って本当?

転職は35歳までが限界と言われていますが、これは本当でもあり嘘でもあります。

能力のある人であれば年齢など関係なしにいくらでも転職をすることは可能ですから、40歳でも50歳でも企業にとって魅力的な能力がある場合にはいくらでも受け入れてもらうことができます。

しかし、そのような特別な能力がないのであれば企業側としてはわざわざ高齢の人間を取る意味はありませんし、求職者で溢れかえっている現代の日本社会では若い求職者も多いので一定の年齢を超えるとかなり不利になってしまうのは事実です。

35歳までと年齢制限を設けている企業やおおっぴらにしていなくても内部規定がある場合もありますから、35歳は一つの目安になることは嘘ではありません。

そのため、転職を考えているのであればできるだけ早めに行うことが大切なのですが、35歳を超えてしまったらもう無理なのかというとそのようなことはなく、実力があれば十分に転職は可能となっています。

40歳を過ぎても転職できる人は?

転職が成功するのに年齢というのは、関係なく能力のある人はいくらでも成功をするものです。

確かに年齢制限に引っかかって選択肢が狭まってしまうことはありますが、能力がある人に関しては職場を変えるのは決して不可能なものではありませんし、逆に企業側から引く手数多ということもあります。

これはあくまでも能力がある人の話であり、現実的にははっきりと秀でた何かを持っているという人はまれですから、40歳を超えると途端に転職が難しくなってしまうのです。
つまり特別何かができるというわけではない平凡な人の場合には、40歳というだけで転職は非常に厳しいものとなってしまいます。

同じ程度の能力であれば企業側は当然若い人を選びますから、40歳というのはそれだけ不利になってしまいます。
しかし、能力がある人の場合には話が別であり同じ40代の中でも飛び抜けて実力があり、全ての年代の中でもなにか光る能力があるのであれば年齢関係なく転職は成功するものです。

50歳で早期リタイア、転職できる?

なにか優れた能力があるのであれば、年齢は関係ない時代ですから50歳で早期リタイアをしたとしても転職は不可能ではありません。

企業が一番欲している人材というのは優秀な人間ですから、それだけの能力がある人であれば50歳であろうと関係はなく転職は可能なものとなっています。
しかし、実際には多くの50歳は平凡な人たちばかりで今までの経歴があるからといって、それが若さに匹敵するだけのアドバンテージとなるわけではありません。

キャリアを積み重ねていけば自然と身につく能力であれば、わざわざ高齢の人間を採用することもありませんから同程度の能力あるいは年齢に見合っていない能力しかないのであれば若い人が優先されるというのは自然な流れとなってしまいます。

最近では転職の際に年齢の制限はなくなってきていますが、それはあくまでも表面上のものであり実際には内部で規定があったりすることもありますから、能力がない人からすれば転職は絶望的ともいえます。

求人広告の年齢制限を超えているけど応募していい?

求人の中には年齢制限がされているものがあります。それを超えても応募してもいいかと言われればOKですが、採用されるかと言われれば難しいとなります。ただし、どうしてもその会社に転職したいというのであれば、そこに熱意があるはずですので、それををアピールして応募するべきです。

そもそも、年齢制限をわざわざ明記しているということは、企業側に何らかの理由があります。例えば、今いる社員がその年代で離れすぎると転職者がなじめないとか、仕事の習得に長い期間が必要であるとか、体力が必要であるとかといった理由です。ですが、それは一般的にそうだと考えられるので明記されていると言えます。年が離れた友人がいるとか、経験があるので習得に時間は必要ないとかといった企業が考えている理由をクリアできるのであれば採用の可能性はあります。

いづれにしてもその会社や仲介してくれるところへ問い合わせることです。企業側も年齢制限を超えても応募してくる人を特別に感じるのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ